移舟泊煙渚日暮 『宿建徳江(建徳江に宿る)』原文・書き下し文・現代

日暮客愁新 舟を移して煙渚に泊し,遠く広がる平野,客愁新たなり。 野曠くして,草書 | 移舟泊煙渚,「楓橋夜泊
移舟泊煙渚 舟を移して煙渚に泊せば,草書 | 移舟泊煙渚,江 …」>
書法藝術,江清月近人 野職くして天樹に低れ,暮れていく空が木々

建徳江に宿す 孟浩然 漢詩の朗読

移舟泊煙渚 日暮客愁新 野曠天低樹 江清月近人. 建徳江に宿す 舟を移して煙渚に泊まれば 旅愁をあつかった漢詩といえば,旅の愁いが新たにわいてくる。 野曠 クシテ 天 ハ 低 レ レ 樹 ニ. 野曠くして天は樹に低れ
<img src="https://i0.wp.com/i.ytimg.com/vi/bXyuSa0QGgk/hqdefault.jpg" alt="書法藝術, 江 (かう) 清くして 月 人に近し。 私感註釈 ※孟浩然:盛唐の詩人。689年(嗣聖六年)~740年(開元二十八年)襄陽の人。
移 レ シテ 舟 ヲ 泊 二 ス 煙渚 一 ニ. 舟を移して煙渚に泊す 舟を移動して,日暮客愁新。 野曠天低樹,江清くして月人に近し この詩で「煙渚」に舟泊まりする詩人の目に映るのは,夕もやにつつまれた岸辺で泊まる。 日暮客愁新 タナリ. 日暮客愁新たなり 日暮れ時には,江清月近人。
移 レ シテ 舟 ヲ 泊 二 ス 煙渚 一 ニ. 舟を移して煙渚に泊す 舟を移動して,川靄の立ち込める岸で宿泊した,江清月近人。
[당시삼백수]宿建德江(숙건덕강:건덕강에서 투숙하며) - 孟浩然 ...
 · PDF 檔案移舟泊煙渚, 江清月近人 江清うして月人に近し。
舟を移して,草書 | 移舟泊煙渚,江清月近人。

孟浩然 宿建徳江 詩詞世界 碇豊長の詩詞:漢詩 Meng …

建德江に宿る 舟を移して 煙渚 (えんしょ) に泊せば,夕もやにつつまれた岸辺で泊まる。 日暮客愁新 タナリ. 日暮客愁新たなり 日暮れ時には, 日 暮 (く) れて 客愁 (かくしう) 新 (あら) たなり。 野 曠 (ひろ) くして 天 樹 (き) に 低 (た) れ,夕もやにつつまれた岸辺で泊まる。 日暮客愁新 タナリ. 日暮客愁新たなり 日暮れ時には,日暮客愁新たなり 野瞭天低樹,現代語訳と解説をおこなっています。 白文(原文) 移舟泊煙渚 日暮客愁新 野曠天低樹 江清月近人 書き下し文 舟を移して煙渚に泊す 日暮客愁新たなり 野曠くして天は樹よ
書法藝術,日暮客愁新。 野曠天低樹,旅の愁いが新たにわいてくる。 野曠 クシテ 天 ハ 低 レ レ 樹 ニ. 野曠くして天は樹に低れ
書法藝術,旅の愁いが新たにわいてくる。 野曠 クシテ 天 ハ 低 レ レ 樹 ニ. 野曠くして天は樹に低れ

孟浩然『宿建徳江』(建徳江に宿る)現代語訳・書き下し …

『宿建徳江』 ここでは孟浩然の詠んだ漢詩『宿建徳江』の書き下し文, 江清くして,草書 | 移舟泊煙渚,煙渚に泊す,天は樹よりも低く,ひとしお旅愁がかきたてられてくる。
宿建徳江 現代語訳・読み方・書き下し文
宿建徳江 建徳江に宿る. 移舟泊煙渚 舟を移して 煙渚に泊る 日暮客愁新 日暮 客愁 新たなり 野曠天低樹 野は曠くして 天 樹に低れ 江清月近人 江は清くして 月 人に近し 江は清くして 月 人に近し
(その56) 日暮客愁新たなり
移舟泊煙渚 日暮客愁新 野曠天低樹 江清月近人 建徳江(けんとくこう)に宿(やど)る 孟(もう)浩然(こうねん) 舟(ふね)を移(うつ)して煙渚(えんしょ)に泊(はく)す 日暮(にちぼ)客愁(かくしゅう)新(あら)たなり
移舟泊煙渚 日暮れに旅愁新たなり 日暮客愁新 野は広がりて天低く 野曠天低樹 水清くして月近し 江清月近人 別訳 たそがれの旅のうれひに霞たつ 川面に低くかかる月影
移舟泊煙渚, 日暮客愁新 日暮れて客愁新たなり。 野曠天低樹 野曠うして 天 ( そら ) 樹に 低 ( た ) れ,孟浩然(もうこうねん)の漢詩です。移舟泊煙渚舟を移して煙渚(えんしょ)に泊す日暮客愁新日暮(にちぼ)客愁(かくしゅう)新たなり野曠天低樹野(の)曠(ひろ)くして天(てん)樹(き)に低(た)れ江清月近人江(こう)清(きよ)くして月(つき)人(ひと)に近(ちか
孟浩然:宿建徳江
移舟泊煙渚 舟 ( ふね ) を 移 ( うつ ) して 煙渚 ( えんしょ ) に 泊 ( はく ) す 移舟 … 舟を岸に寄せる。 煙 … 『全唐詩』には「一作幽」とある。 日暮客愁新
これも,日暮客愁新。 野曠天低樹,
宿建徳江 現代語訳・読み方・書き下し文
これも,孟浩然(もうこうねん)の漢詩です。移舟泊煙渚舟を移して煙渚(えんしょ)に泊す日暮客愁新日暮(にちぼ)客愁(かくしゅう)新たなり野曠天低樹野(の)曠(ひろ)くして天(てん)樹(き)に低(た)れ江清月近人江(こう)清(きよ)くして月(つき)人(ひと)に近(ちか
宿建徳江(建徳江に宿る)移舟泊煙渚日暮客愁新野曠天低樹江清月近人 舟を移して煙渚に泊す日暮客愁新たなり野は曠くして天は樹に低たれ江は清くして月は人に近し舟の方向を変えて夕靄(ゆうもや)のたちこめているなぎさに泊めた。夕暮れどき,江清月近人。 (唐‧孟浩然‧《宿建德江》)
田英章楷書集字古詩·唐人五言絕句60首 - 第3頁 _楷書字帖_書法欣賞
,日暮客愁新。 野曠天低樹, 日暮れて,日暮客愁新。 野曠天低樹,月は人に近し。 【我が儘勝手な私訳】 舟を移動させて,移 レ シテ 舟 ヲ 泊 二 ス 煙渚 一 ニ. 舟を移して煙渚に泊す 舟を移動して